消化器外科のツラさ

消化器外科のツラさ

外科病棟に移動してまもなくの時でした。

50才A氏男性で、当院で大腸がんの診断を受けましたが、セカンドオピニオンで県内のがん専門病院への紹介を希望されました。その病院で手術を受け、抗がん剤の治療を受け、抗がん剤治療をおこなっていました。ご本人にははっきりと厳しい話しはされず、妻にはもう治療ができないと話しがされ、緩和ケア病棟があり、自宅から近い当院に紹介され入院となった患者様です。

A氏は50代でもあり、会社を休んでいる状態でした。A氏はストマ造設もされ、抗がん剤治療の副作用で食事がとれなくなり、ほぼ寝たきりの状態でした。しかしA氏は「早く落ち着いたら会社に戻らないといけない」「仕事を休んで家族に迷惑をかけているので頑張らないといけない」とよく言われていました。

当初はA氏抜きでの病状説明をおこなっていました。妻は本当の病状をA氏に告げることをはじめは拒んでいました。しかし、病状がすすみ、現在動けなくなってしまったA氏に対して本当のことを告げずに時が過ぎるのは酷ではないかと何度も話し合い、A氏に本当のことを告げる覚悟を妻は決めました。

A氏は「そんな気がした。だったら早くうちに帰りたい。もう治療は難しいのかな?娘が今年高校卒業なんだ。それまでは何とかしたいんだ」とA氏の本音が聞けたような気がしました。それから自宅で妻が高カロリー輸液ができるように指導したり、オムツ交換の指導をしたりであわただしい日々がありましたが、なんとか自宅へ退院することができました。

退院後、自宅へ訪問をおこないましたが、「やっぱうちがいいね。ありがとう」と言われました。数か月自宅で過ごすことができましたが、痛みのコントロールがつかなくなり、緩和ケア病棟への入院となり、最期を迎えました。

A氏が亡くなったのが、娘さんの卒業式が終わった数日後でした。娘さんが今まであまり話しをしてくれなかったのですが、「ありがとうございました。父に卒業証書をみせることができました」と言われました。私にとってA氏が亡くなったことは受け入れ難い事実でした。家族にとってももちろん受け入れがたい事実です。こんなに家族に愛された人がこんなに早く亡くならなければいけないなんて辛い仕事だと思いました。しかし、そこに関われたことは、今後看護師として働いていく上で、患者の意思決定支援や家族の受け入れに対して学ばなければいけないと思いました。

人の死はどんな場面でも悲しく、つらいこともあります。しかし、避けられない死もあります。少しでも後悔のないよう、その人らしく生ききれるように支援をしていきたいと思います